ほぼイクラ

スーパーマーケットを7店舗も回って面白い商品を買ってきた。それはカネテツデリカフーズが2月25日から3月3日まで限定販売している「ほぼいくら」で、いわゆるイクラの醤油漬けに似せて作った商品である。このような食品は大昔に遡れば「ガンモドキ」であったり、定番になっている「カニカマ」であったりする。どちらも本物とは別に既に独自のジャンルを確立している。では、このほぼいくらははどうか?私はそうはならないような気がする。つまり本物のイクラと同様に扱われる可能性が高い。この商品は本物のイクラにかなり似ていて、価格も50gで368円とそれなりに高い。食べた私の感想は極めてイクラに近い、やはり”ほぼイクラ”だ。本物のイクラをアレルギーや食事制限でらべられない人向けにいいかもしれない。メーカは市場の反応が良ければ限定販売ではなく通常販売にするとのことなので、いずれはスーパーマーケットに普通に並ぶことになると思う。

2022年03月01日