先取り初詣

今年も12月30日に恒例の先取り初詣に行ってきた。このイベントは長距離の歩き旅をして大晦日の前日に有名寺社を訪ねるというもので、既に10年くらい続いている。正月になると参拝客が多く身動き取れないほどに混雑するが、30日は空いていて、それでいて正月の準備は出来ているというのがこの先取り初詣が始まったきっかけだ。今年は栃木県佐野市の佐野厄除け大師を参拝するため、熊谷駅から5万歩を歩いた。埼玉北部、群馬南部、そして栃木南部の地域、県境を兼ねた利根川と渡良瀬川を渡り、約35kmの平坦な道をひたすら歩いたが、これぞ関東平野という景色は殺風景ながら面白い。これは車や電車では経験できないからやめられない。

2021年12月31日