観光列車「木のカバン」

岡山県の倉敷から三原まで一風変わった、そしてお洒落な観光列車に乗って来た。この列車はJR西日本が運行させている「La Malle de Bois(ラ・マル・デ・ボア)」で、訳すと「木のカバン」という洒落た名前になっている。風光明媚な場所を走るので、車内は窓を向いて座るスタンド・バー風の座席と前向きの座席が並んでいる。棚には旅の本も置かれ、専門の売り子が2人もいる売店、スーツケース置き場、自転車置き場まである。この列車はもちろん座席指定のグリーン車でやや高いが、なかなか面白い試みかもしれない。

2022年05月25日