渋沢栄一の生家で

NHKの大河ドラマ「晴天を衝け」で、今脚光を浴びている埼玉県深谷市にある渋沢栄一記念館に行ってきた。その近くにある渋沢栄一の生家「中の家(なかんち)」も一般公開しており、そこも立ち寄った。立派な屋敷で明治28年に建てられたとあるので、渋沢栄一が実際に生まれ暮らした家ではないが、建っている場所は同じだ。現在はコロナで入室は叶わないが、庭先から部屋を見ることは許されており、アンドロイドの渋沢栄一が出迎えてくれた。これと同じかどうか分からないがアンドロイドはもう一体あり、渋沢栄一記念館で講義をしてくれる。近代日本経済の父と呼ばれて今さら彼の業績をここで書いてもしょうがないが、晩年の1926年とその翌年にノーベル平和賞の候補になっていたという事実を今回知った。もしもノーベル賞をとっていたら、日本で2番目の受賞者、それも平和賞となればその後の彼の評価は国内外でもっと凄くなったに違いない。

2021年08月16日