日本三奇橋の「猿橋」

山梨県の大月市にある猿橋は昔の甲州街道に架かっている橋で日本三奇橋の一つになっている。長さ約31m、幅約3m、水面からの高さ約30mで深い谷間のために橋脚はない。従って鋭くそびえたつ両岸から四層に重ねられた刎木(はねぎ)とよばれる支え木がせり出しており、猿が互いに体を支えあって橋を作っている様子に似ていることで、その名前がついたようだ。橋のすぐ前に大黒屋という小さな旅館がある。この旅館については現在旅行記執筆中なので、そちらを楽しみにしていただきたい。立ち寄り観光にはお勧めの場所だ。

2021年06月05日