鉄道トンネルでワインを貯蔵

山梨県甲州市にある「勝沼トンネルワインカーブ」に行ってきた。ワインカーブとはワインの貯蔵所のことで、同様にワインを貯蔵する目的ではワインセラーというのがあるが、ワインセラーは人工的なもので、ワインカーブは天然の洞窟のようなものをいう。この勝沼トンネルワインカーブは、廃線で使われなくなった旧国鉄のトンネルを利用しており、レンガ積みの1100mのトンネルは鉄道文化の遺産としても貴重なものだという。年間を通じて温度は13℃以下に維持されており、ワインの長期熟成にも最適な条件だという。この施設は無料で内部を見学できることも嬉しい。尚、この詳細は旅行記「石和温泉の旅2021」を本日公開したのでそちらを見ていただきたい。

2021年06月28日