3国国境

南米の旅パート7。イグアスの滝はイグアス川にあり、そのイグアス川はアルゼンチンとブラジルの国境を流れており川が国境線になっている。そのイグアス川がパラナ川とT字型で合流する点があり、パラナ川の対岸はパラグアイなので合流地点は3国の国境になる。その3国を一望できるのが写真の場所で、手前がアルゼンチン、右がブラジル、左奥がパラグアイになっている。このような場所は世界でも珍しいが、私が驚いたのはそこではない。先住民からは“壮大なる水”と言われているイグアス川でさえパラナ川の支流で、そのパラマ川は最終的にはラプラタ川になる。ラプラタ川の河口幅は270kmというから凄い。それでもラプラタ川は南米大陸2番目だという。1番はもちろん有名なアマゾン川で、この大陸のスケールには驚くばかりだ。

その南米の旅は旅行記で公開中なので是非ご覧いただきたい。南米のスケールをどれだけ伝えられるだろうか。

2020年04月17日